わかりやすさを意識して書かれた文章の言語的特徴 毎日新聞

By cjrjslg

2021年10月19日

わかりやすさを意識して書かれた文章の言語的特徴 毎日新聞。毎日は朝日や東京新聞とともに代表的な左寄り新聞です。毎日新聞、新聞社の中で親韓国なのでょうか かて共産党 ば政党知りたい 聖教新聞の印刷請け負ってる聞いた事 堀山明子。年生まれ。年入社。静岡支局。夕刊編集部。政治部などを経て年月
からソウル支局特派員。北朝鮮核問題を巡るカ国協議などを取材した。年月
からロサンゼルス特派員。年月から現職。「わかりやすさ」を意識して書かれた文章の言語的特徴。第 部 ?外国語としての日本語?および韓国語による活字メディアの?わかりやすさ
? 第 章 日本語非障害者向けのわかりやすい新聞『ステージ』の創刊に携わっ
た毎日新聞社の野沢和弘氏版」にはどのような特徴があるのだろうか。
おしゃべりを する人が いますが。他の人に 迷惑なので。/静かに しましょう。

毎日は朝日や東京新聞とともに代表的な左寄り新聞です。「権力の監視役」を気取っていますが、民主党政権時代には権力におもねって御用新聞化してましたから、単に自民党やその手先のような読売新聞が嫌いなだけのようです。その点、朝日の方が共産主義色が鮮明ではっきりしてます。彼等は自民党政権にことごとく盾突くのを社是にしてますから、今は韓国のカタを持ってますが、別に朝鮮が好きな訳じゃないでしょう。とにかく日本の保守勢力が嫌いなのです。韓国よりで、反日だと言われますが、朝日新聞や琉球新報や沖縄タイムスなどは、もっとその色が強いでしょうね。 共産党や民主党や聖教新聞などの影響もあるでしょう。とにかく韓国や中国を愛し、日本を嫌う傾向が強いと思います。

Tags:

About cjrjslg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です