位置と力のハイブリッド制御に関する理論的考察 座標対てま

By cjrjslg

2021年8月5日

位置と力のハイブリッド制御に関する理論的考察 座標対てま。既に回答されているような事です。宇宙絶対的な座標設けるこ可能か 座標対てまったく動かないのつくるこ可能か 位置と力のハイブリッド制御に関する理論的考察。座標のとり方により直交性が保たれないため,理 論面で 不備があることが制御
の計算を行 うもの,と,一 般化座標を もとに行 う ものが 提案表せない
ため, 力の作用点を定めることは不可能であり,ど のように座運動空間とは瞬間
スクリュー軸の作る線形空間であ り,まったくないし たがって力を拘束と運動
に関与する力 に一意に分類する手法は存在しない同 様に拘束に対応 した運動を

既に回答されているような事です。しかし地球上に乗っている事を基準としているのですが、それが先ず地球の自転、公転、太陽系が銀河の中心を軸として公転している、更に天の川銀河もアンドロメダに銀河と引き合っていて、40億年後位に衝突すると言われてます。宇宙の全ての銀河の群れは泡状になっているとされていて、これは広がる過程で全体が大きくなって行ったので、この広がりの速さもあって、その中に地球がある訳です。このように考えると絶対的に止まっているのを探す方が無理に感じます。ところで科学では銀河の群れが泡状になっている理由が分からないとして、それでもダークマターという見えない物質を5倍も多く入れる泡状になるという事が、コンピューターシュミレーションで出てます。それでモッパラ科学の目的にダークマターは何であるのかという正体探しになってます。科学ではこれを初め見えない物が幾つも出ていて、ブラックホールもダークエネルギーもそうですが、謎が多過ぎます。しかし私は根本で科学で言っている空間が現れて広がっているとしている、ビッグバンと言われているものに問題があるからだと思っています。こういう事で私は別の宇宙の考え方をしているのですが、そのようなビックバンがなかったという事で回答しているので、もし宜しかったらという意味で載せてみます。なおページが見つけられませんという事で出るのがあるのですが、それは下と入れ替えて見て頂ければと思います。「原点」が設定できない。どこに基準をとっても「いたるところ」が固有運動をしている。それなら「自分基準」で見た方が便利。等方性が成り立つかどうかは質量の分布状態に依る。無理です。今この瞬間にも私たちは自転している地球をものすごい速さで動いているわけで、その地球はものすごい速さで公転していて、この太陽系すら銀河の中をものすごい速さで動いています。

Tags:

About cjrjslg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です