護衛艦あたご型 海上自衛隊の『こんごう型護衛艦』『あたご

By cjrjslg

2021年8月5日

護衛艦あたご型 海上自衛隊の『こんごう型護衛艦』『あたご。巡洋艦と駆逐艦の搭載ミサイス数の差から。海上自衛隊の『こんごう型護衛艦』『あたご型護衛艦』『まや型護衛艦』アメリカ海軍の『アーレイ?バーク級ミサイル駆逐艦』どうてMk 99 ミサイル射撃指揮装置3個か設置されていないんか 『タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦』4個設置されて

3個4個の方いいんじゃないんか

Mk 99 ミサイル射撃指揮装置 ウィキペディア(Wikipedia)
https://ja wikipedia org/wiki/Mk 99_%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B0%84%E6%92%83%E6%8C%87%E6%8F%AE%E8%A3%85%E7%BD%AE海上自衛隊の『こんごう型護衛艦』『あたご型護衛艦』『まや型護衛艦』アメリカ海軍の『アーレイ?バーク級ミサイル駆逐艦』どうてMkの画像をすべて見る。

海自イージス艦こんごう型。こんごう型ミサイル護衛艦は。イージス戦闘システムを搭載する。アメリカ海軍
のアーレイ?バーク級ミサイル駆逐艦をモデルとしていますが。海上自衛隊が
こんごう型に。艦隊の指揮を執る旗艦としての役割を求め司令部区画護衛艦「あたご」型。フォトギャラリー 引用?転載される際は「出典。海上自衛隊ホームページ」と
明記してください。 □「あたご海自イージス艦こんごう型。こんごう型ミサイル護衛艦は。イージス戦闘システムを搭載する。アメリカ海軍
のアーレイ?バーク級ミサイル駆逐艦をモデルとしていますが。海上自衛隊が
こんごう型に。艦隊の指揮を執る旗艦としての役割を求め司令部

巡洋艦と駆逐艦の搭載ミサイス数の差から Mk.99が3機に減少していると思います。タイコンデロガ級 ベースライン2からは VLS 122セルに対し アーレンバーク級は VLS 90?96セルMk.99は 個艦防御の短SAMの誘導に利用されますが、長距離、中距離用防空用の SM-2とSM-6は Mk.99が必要ないとされています。艦のサイズの関係でしょ。SM-6とESSMブロックⅡはアクティブレーダーホーミングが可能従来のセミ?アクティブ誘導方式の交戦も可能らしい?だから、必要性は低くなってはきていますけどね。1ミサイルの性能向上により照射時間の短縮の短縮→必要数の減少説2ベースラインの発展に伴い必要数が減らされた説3巡洋艦と駆逐艦の船体規模の違い説Mk99はSM-2の2タイプととSM-6、ESSMの誘導に使用されますが、RIM-66 SM-2MR?RIM-156A SM-2ERブロックIVイルミネーター1機1本ESSMイージス系列ならイルミネーター1機で4本SM-6誘導モードによっては必要なしですから性能向上説…かな?イージス護衛艦は単独運用ではなく、データリンクして他の艦船や航空機と共同運用されるからかな?隣国の海軍艦艇みたいにハリネズミ志向が強くないからね。

Tags:

About cjrjslg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です