責任技術者 旧制中学若く高校又同等以上の学校で薬学又化学

By cjrjslg

2021年8月6日

責任技術者 旧制中学若く高校又同等以上の学校で薬学又化学。「3」については専門学校ではなく、何処にでもある普通の中学?高校を卒業した者という認識で宜しいのでしょうか。薬事法施行規則の中ある、第91条責任技術者の資格ついての質問
※質問で「化粧品製造業」の責任技術者資格要件例てます
1 薬剤師
2 旧制中学若く高校又同等以上の学校で、薬学又化学関する専門の課程修了た者
3 旧制中学若く高校又同等以上の学校で、薬学又化学関する科目修得た後、医薬品又化粧品の製造関する業務3年以上従事た者
4 厚生労働大臣前三号掲げる者同等以上の知識経験有する認めた者

上記、必要資格の各号
「1」「2」ついて理解できます
「3」ついて専門学校でなく、処である普通の中学?高校卒業た者いう認識で宜いのでょうか (化学高校で習う科目ので、科目いう認識でいいのでょうか )

、「4」の「認めた者」認定試験などあるのでょうか

分れる方、ご教授下さい
宜くお願い致ます

薬事法施行規則URL
http://www it asso com/gxp/regulations/yakuji syourei htm化粧品の許可?輸入許可等の薬事申請なら。旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校で。薬学又は化学に関する科目
を修得した後。医薬品。医薬部外品又は化学を修得した後医薬品や医薬部外品
や化粧品の製造業や製販。旧法の輸入販売業などの許可を持っていた会社で3年
以上従事していた必要があります。また。作成した品質管理業務手順書は。
総括製造販売責任者が業務を行う事務所に備え付けるとともに。品質管理業務を
行う

「化学?薬学専門課程修了」を総括資格に使う場合の注意点。一 薬剤師二 旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校で。薬学又は化学
に関する専門の課程を修了した者三 旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の
学校で。薬学又は化学に関する科目を修得した後。医薬品。医薬部外品又は
化粧品の品質管理又は製造販売後安全管理に関する業務に三年以上従事した者四
厚生労働大臣が前三号に掲げる者と同等以上の知識経験を有すると認めた者 今回
。注目したいのは。第1項および第2項の「二」すなわち「第2号」の化粧品総括製造販売責任者の専門課程修了。化粧品製造販売業許可取得において。重要な要件の一つである総括製造販売責任
者。二 旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校で。薬学又は化学
に関する専門の課程を修了した者こういった場合には。学校から単位の修得
証明書などを取り寄せ。取得した化学系の単位をカウントして専門課程医薬品
医療機器総合機構申請受付窓…町田市?相模原市や横浜市。川崎市
等々東京都と神奈川県を中心に許認可申請手続きやご相談業務をおこなっ

化粧品製造販売業許可に関する手続きならコモンズ行政書士事務所。化粧品製造販売業許可を取らずに化粧品を販売すると。年以下の懲役もしくは
万円以下の罰金またはこの両方が科せまた。化粧品の販売を化粧品
製造販売業者に任せ。化粧品の輸入代行通関業務&輸入した化粧品を自社の
倉庫に保管科目を修得した後。医薬品。医薬部外品又は化粧品の品質管理又は
製造販売後安全管理に関する業務に三年以上従事三 旧制中学若しくは高校又は
これと同等以上の学校で。薬学又は化学に関する科目を修得した後。化粧品の
品質管理化粧品総括製造販売責任者の専門課程修了。化粧品製造販売業許可取得において。重要な要件の一つである総括製造販売責任
者。この中で時々ご相談を受けるのが。 二 旧制中学若しくは高校又はこれ
と同等以上旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校で。薬学又は化学
に関する専門の課程を修了した者という部分です。学校から単位の修得証明
書などを取り寄せ。取得した化学系の単位をカウントして専門課程修了者か
どうかを化粧品製造販売業者の代表取締役が変わった場合。変更後

旧制中学若く高校又同等以上の学校で薬学又化学関する科目修得た後医薬品又化粧品の製造関する業務3年以上従事た者の画像をすべて見る。責任技術者。また。責任者技術者には以下の基準のいずれかに該当される方でないとなれませ
ん。 薬剤師; 旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校で。薬学又は化学
に関する専門の課程を修了した者; 旧制中学又は化学 に関する科目を修了した
後。医薬品又は化粧品の製造に関する業務に 年以上従事した者; 厚生労働大臣が
前号に掲げる者修了された課程。修得された科目が「薬学又は化学」
に関するものかどうかが不明確であった場合。責任技術者としてご許可取得後
の諸手続き化粧品製造販売許可申請の手続き方法[薬事法薬機法]。化粧品を市場に流通させるには; 化粧品製造販売許可申請の手続き方法; 製造販売
業の法的要件ついて; 製造業の法的要件また。化粧品製造業や原材料の
サプライヤーにおいて。規定した品質管理の下で製品が製造されているか管理
監督する義務があります。 旧制中学若しくは高校又はこれと同等以上の学校
で。薬学又は化学に関する科目を修得した後。医薬品。医薬部外品又は化粧品の
品質管理又は製造販売後安全管理に関する業務に3年以上従事した者 .

「3」については専門学校ではなく、何処にでもある普通の中学?高校を卒業した者という認識で宜しいのでしょうか?化学は高校で習う科目ですので、その科目という認識でいいのでしょうか?↑中学でなくて、高校で化学を履修した人です。「4」の「認めた者」とありますが認定試験などがあるのでしょうか?↑そんな試験はありません。もっと分かり易く説明したサイトがありますので、こちらを参考にしてください。化粧品製造販売業、製造業の人的要件の説明3について旧制中学とは、戦前に男子に対して中等教育を行っていた学校の1つであり、今は高等学校の枠組に入っています。そのため、どこにでもある高等学校と考えれば良いです。化学に関する科目の認識は、化学の授業のことで構いません。4について薬剤師の免許状などを取得していた場合に、それを提出することで厚生労働大臣に認められた者と解釈するのが正しいです。

  • ドカバトさん なんですがfgoとドカバトは最近もやってる
  • Genki 明日映画を見に行くのですが遠い映画館で帰りが
  • 夫のお小遣いはいくら ただ主人が管理したがりの性格で家庭
  • グリーンコープ その後今また葉が出ているのですが全く青じ
  • 受験生応援メッセージ 模試がよかったら素直に喜ぶべきでし
  • Tags:

    About cjrjslg

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です